【勝者と敗者の違い(続き)】

11.勝者は目標を持つ。
  敗者は目標を持たない。

12.勝者は自分の意思で道を決める。
  敗者は他人の意見で道を決める。

13.勝者は小さな目標を達成し、より大きな目標を掲げる。
  敗者は大きな目標に、どうやっても到達できないと嘆く。

14.勝者は努力することを快感に感じる。
  敗者は努力することを義務に感じる。

15.勝者は困難に『何とかしてできる』と思う。
  敗者は『絶対無理』と思う。

16.勝者は他人の成功に触発される。
  敗者は他人の成功を妬む。

17.勝者は誘惑に乗らない。
  敗者は誘惑に負ける。

18.勝者は何でも好きになろうと努力する。
  敗者は苦手なものに壁を作る。

19.勝者は感謝の心を忘れない。
  敗者は被害妄想を忘れない。

20.勝者は何度でも繰り返し挑戦する。
  敗者は挑戦する前に諦める。


皆さんは何勝したでしょうか?

出来ないことを練習するのであって、すぐに「無理」と言ったり、チャレンジしなかったりするのは、とても残念なことです。


学校生活の中でも同じ姿があるのでは···


常に前向きな考えをもてる人が、真摯にバスケットに向き合える人なのでは···。


限られた時間を大切に···。


【勝者と敗者の違い10カ条】

1.勝者は間違った時「私が間違っていた」と言う。

  敗者は「私のせいではない」と言う。

2.勝者は勝因は「運が良かっただけ」と言う。
  敗者は敗因を「運が悪かっただけ」と言う。
  でも、運が原因ではない。

3.勝者は敗者よりも一生懸命に働く。
  敗者はいつでも忙しい。文句を言うのに忙しい。

4.勝者は困難を真っ直ぐ通り抜ける。
  敗者は困難の周りをグルグル回る。

5.勝者は償いによって謝意を示す。
  敗者は謝罪をするが、同じ間違いを繰り返す。

6.勝者は戦うべきところと妥協すべきところを心得ている。
  敗者は妥協すべきでないところで妥協し、戦う価値がない
  ところで戦う。

7.勝者は「自分はまだまだです」と言う。
  敗者は「あなたはまだまだです」と見下す。

8.勝者は自分より勝る者から学び取ろうとする。
  敗者は自分より勝る者のアラ捜しをする。

9.勝者は自分の仕事に誇りを持っている。
  敗者は「させられているだけです」と言う。

10.勝者は「もっと良い方法があるはずだ」と言う。
  敗者は「なぜ変える必要があるんだ?
」と言う

※子ども用に少しアレンジしています。


練習を見ていると、勝者のメンタルではないと感じています。

この気持ちは、「個人の成長」を遅らせ、「練習の質」を下げることになります。



もっと真摯にバスケットと向かい合ってほしいと思っています。





ドライブにいった際に、シュートまで持ち込めず、止まるといった場面はたくさんあります。

その際に良い止まり方をしないと、その後のプレイが雑になってしまいます。


そこで、今日はシェービングの動画を紹介します。

1️⃣練習方法

2️⃣6種類あります


これまでにも練習していますが、大事な基礎なので、また取り組んでいこうと思います🏀


 





↑このページのトップヘ