速攻をやられないように5人の選手を2つの仕事に分担します。

1️⃣オフェンスリバウンドに参加する人
2️⃣先に戻ってディフェンスの準備をする人

この2つの役割をそれぞれ何人ずつにするか!?ということをチームで徹底することが大切です。

【2バック】1️⃣3人、2️⃣2人
✅先に戻る選手が2人
Screenshot_20210722-165122_1
5人を線で結ぶと英語のYになるので「Yポジション」といっています。ただ、戻っている選手が2人で手薄なので、オフェンスリバウンドが取れなくても、ボールに対してプレッシャーをかけ、相手の攻撃を遅らせる必要があります。


【3バック】1️⃣2人、2️⃣3人
✅先に戻る選手が3人
Screenshot_20210722-165200_1
こちらは「Yポジション」に対して「Xポジション」です。
真ん中の選手がボールマンの侵入を遅らせたり、止めたりします。また、攻めてくる相手もこちらの方が印象的にも「速攻をやめた方がいいな」となりそうですよね。

基本的にはインサイドの役割の2人がリバウンドを狙い、それ以外の選手が自陣に戻る形です。


明日、男子は練習試合です。
明日の相手はさらに強いチームではないかと思います。
また、速攻をやられないように「3バック」を練習しようと思っています。
しっかりとバスケットの予習をし、体のコンディションを整えておきましょう!