2020年07月

以前の職場に日本体育大学の相撲部出身の方がいたので、その方に選手を指導していただいたことがあります。

内容は『四股』です。

バスケットは接触を伴うスポーツであり、相撲の要素も十分にバスケットに活かすことができます。

また、股関節の柔らかさはバスケットに必要不可欠なことです。

練習でも少しやってみました。
きちんと鍛えていない人にはきついトレーニングだと思います。
良い動画も見つけたので参考に復習しましょう。
また、お家の人とも一緒にやってみてください。


✅四股の踏み方
⚠️不具合のため、動画が貼りつかないので、上のURLをクリックしてご覧ください。





Screenshot_20200728-211458_1





あんなバスケットがしたい
こんなバスケットがしたい

と毎年思うのですが···最終的には選手の特性に合わせたチーム作りをすることを第1にしています。


と言っても、言うだけなら自由なので···

「とにかく走る速い」バスケットがしたい!
「粘り強くディフェンスをする」バスケットがしたい!

と思っています。

Nextdoor🏀のU14、U13の選手はサイズが小さい選手が多いので、運動量でカバーしていく必要があります。

一生懸命に走る
一生懸命に守る

バスケットの基本ですよね。
何事も基本が大切です。

✅こんなチームになりたい




8月の予定です。

8月2日(日)  8:30〜12:00
8月9日(日)  8:30〜12:00
8月16日(日)   ãŠç›†ä¼‘み 
8月23日(日)   8:30〜12:00
8月30日(日)   8:30〜12:00
※変更の場合あり
よろしくお願いします。

各学校では、新チームのスタートです。

『何事もはじまりが肝心』

といいます。
チームの中できちんと、練習での約束事、学校生活での約束事などを再確認する必要があります。

『立派なバスケット選手は立派な中学生である』
『立派な中学生は立派なバスケット選手である』

『学校生活とバスケットは繋がっている』と口うるさく言っています!

Nextdoor(前)





27、28年前、中学最後の大会。
スコアは57ー58。
1点差で負けました。
そのチームがそのまま県大会へ出場しました。

とても悔いの残る試合でした。
今でも忘れることはありません。


さて、先日、市総体がありました。
Nextdoor🏀の中学3年生も出場しました。
コロナウイルス感染症のため、県大会は中止。
勝っても負けても、この大会で引退です。

3年生はチームの役割をしっかりと果たし、得意なプレイで得点していました。
どの試合も一生懸命な姿が見られ、良い試合でした。


3年生の選手の皆さん、中学での部活動生活お疲れ様でした。
そして、引退おめでとうございます!
引退は自分自身が最後まで頑張ったという「証」です。
だから、おめでたいことです。


これからは入試に向けて勉強第一ですが、卒業まではNextdoor🏀の選手でもあるので、勉強の合間に体を動かしに来てください。


3年生の皆さん、本当にお疲れ様でした!
DSC_0191~2



オフェンスのシンプルな形

「ドライブ→キックアウト」

今日、あるチームのオフェンスを見て上手にキックアウトするなぁと感じました。


✅これがキックアウトです


ドリブルの際に周りの景色がよく見えていないと上手くできません。

そして、3ポイントに上手くつなげることが大切です。

Nextdoorの選手はシュートの確率が······。
中学生になって始めた選手もいますので、来週の大会が終わったら、もう1度シュートフォームの確認から始めます。







↑このページのトップヘ